⇒楽に月50万円以上のお仕事

噂の「テレクラ」を知ろう!

テレフォンクラブとは、電話を介して女性との会話を斡旋する店。
会話次第では女性と会う約束もでき、出会い、ナンパが可能になる。
通称テレクラ。1985年の風俗営業法改正後に注目され、流行した業態。
全国で最初に登場した店は1985年に小林伴実により開業された
新宿「アトリエキーホール」、もしくは
同年秋に同じ新宿に開業した「東京12チャンネル」と諸説ある。
-wikiより引用- 

具体的には、出会いを求める男性がテレクラに行き、個室で女性からの電話を待ちます。
女性はティッシュや雑誌広告に記されたセンターに電話して男性と会話を楽しみます。
この時に気が合えば、待ち合わせをするなど、交際に発展します。
店舗によっては、女性ユーザーがすくないため、
予め雇って女性を確保している場合もあります。

テレクラがはじまった当時は、ライブチャットのシステムは普及しておらず、
次世代の遊びとしては、ツーショットを経て、メールによる出会い系が登場して、隆盛を極めます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年8月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:そもそもテレクラとは?

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ